ドアノブの上に鍵を取り付けて2ロックに

ドアノブと鍵が別々になっているドアのありますが、まだまだドアノブの中心に鍵が取り付けてあるものも沢山出回っています。
その場合に鍵は1箇所だけの場合が多く、近年主流になっている1ドア2ロックになっていないケースを見かけます。
まず2ロックだと何が良いかといいますと、単純に2箇所解錠が必要になるため空き巣犯としては倍の時間がかかります。また、こじ開けようと思った場合でも1箇所固定と2箇所固定では大きく耐久度が上がるためピッキング対策にもこじ開け対策にもなるということです。
ホームセンターなどに売っている両面テープなどで簡易的に取り付けれる鍵もありますがオススメできません。ないよりかマシ程度かと思います。
新しく鍵取り付けを行う場合には錠前を中に仕込んで取り付けるよりかは、新規取り付け用の鍵がありますのでそれを鍵屋さんなどに取り付けてもらうのが確実でしょう。

ドアノブまわりの部品名

以前部屋のドアが開かなくなり修理を依頼したことがあります。
そのときに色々きいたので少し・・

まずは握るところはドアノブですね。形状によってレバーハンドルとか色々な呼び方があります。
ドアノブを回したときにカチャカチャ出入りするところ(壁にひっかかるところ)はラッチというそうです。ドアノブが空回りしているとラッチが動かなくなってきます(経験済み)
鍵がついているドアの場合には鍵をまわしたときに出てきる部分がデッドボルトです。ラッチやデッドボルトが出てくる面をフロント、逆に壁側の穴が開いている部分はストライクというそうです。
鍵をかけるときに回すつまみ部分はサムターンといいます。サムターン回しという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、特殊器具をつかってサムターンを物理的に開ける方法ですね。
今日はここまで。

ドアノブ・レバーハンドルの種類

室内のドアハンドル、レバーハンドル、ドアノブなど色々な呼び方や形状のものがありますね。
リフォームや家を建てたことがある方はおわかりだと思いますが、種類はとても多いです。同じメーカーでも形や色、押して開けるノブなど仕組みが違うものもあります。(私もずいぶんと迷って決めた記憶があります。使ってみると何でもよくなってしまいますが、、)
一昔前は握り玉(玉座)という握って回すタイプが玄関でも室内でも主流だったようですが、利便性などを考慮して室内ではハンドルタイプの方を選ぶ人が多いです。握り玉は耐久性にすぐ入れているため玄関のドアや非常口のドアなどでもいまだによく見ますので用途に合わせて使い分けられているということですね。
最近はDIYといって自分で何でも交換しちゃう人もいるみたいですが、私はホームセンターでドアノブコーナーを除いてみたら沢山ならんでいて自分での交換はすぐにあきらめました(笑)

ドアノブが急に壊れた!

ドアノブは玄関や室内のドアなど沢山の場所に取り付けてある部品です。毎日何気なく使ってはいますが、長い年月つかっていたり、使用頻度が多いドアではガタついてきたり、空回りしてきてしまいます。
先日、自宅のドアノブをいつもどおり使おうと思ったんですがドアノブを回してもなかなか扉があかなくなってしまいました。。。
ドアと壁のひっかかりの場所(ラッチというらしい)が全然反応しなくなっており、ドアノブを最大まで回してもピクッとしか動きませんでした。
ドアノブ修理 ドアノブ交換はどこに相談したらよいか分からなかったのですが色々とネット調べていると、ドア周りを対応している鍵屋かリフォーム屋さんにお願いするのが多いみたいです。自分でホームセンターで部品を買ってきて交換なんか出来る人もいるようですが色々と細かい違いがありすぎて私は断念しました。
結局は無料見積りの鍵屋さんがすぐに来てくれたのでそのままお願いしました。